HANDMADE FashionBrand
note

How to make a mask

Saturday, April 25, 2020

先月から製作販売しているノーズワイヤープリーツマスクの作り方です。
▼販売ページはこちら
https://www.creema.jp/item/8793039/detail
製作しながら写真を撮っては見たんですが説明の仕方が難しくて結局イラストを書きました。
画像大きいです。そして画質が下がらないようにPNGにしたので重いです。

ー材料ー
布 (37cm×20.5cm)
ノーズワイヤー(9.5cm)
マスクゴム (5mm幅17.5cm×2本)
ミシン、ミシン糸

①布を準備
 (半分の◎は折り返して繋がっている(輪断ち)マーク)
②広げて両端を1.5cmに折る
③上部を1.5cmで縫い合わせる
④ひっくり返してアイロンをかける。
⑤下から、3cm、0.8cm、2cm、1cm、2cm、1cm、2cm、0.8cmに折る
 (プリーツの数値と縦幅の合計値が合わないのは折り返しの厚み分量を入れてます)
⑥プリーツ完成形(画像の形になるように折る)
⑦プリーツ両端に1cmステッチ、上部から0.1cmと1cmにステッチ
⑧上部右から3.5cmのところに閉じるようにステッチ、左からワイヤーを差し込む
⑨上部左から3.5cmのところに閉じるようにステッチ
⑩マスクゴムを差し込む
 (上部ステッチの間に差し込み難い場合は目打ちの先端で押し込む)
⑪ゴムを閉じるように両端0.1cmにステッチ
ー完成ー

形はユニチャームの超快適ふつうサイズを参考にしました。
マスクゴムは通すタイプじゃなくて縫い付けるタイプなので、つける前にピンで仮付けなどをして調節してみて下さい。
ーーー

腱鞘炎は症状は治りました。ご心配お掛けしました。
腕に負荷をかけないよう、余裕がある時に作れるだけ作って在庫分だけ売るという方法が合っているかもしれない。
受注数も大分減ったのでマスク需要は下火なのかな。
そして手元の生地在庫が無くなったのでTCコットンブロードのメーカーを変えました。
いつもお世話になっているところが休業しているので初めて地方の卸売業者さんにお世話になりました。
防縮加工・シルケット加工がされている生地です、感触が良くてすごく気に入ってます。
ネットに入れてパナソニックのドラム式乾燥機で洗濯〜乾燥まで行い、スチームアイロンをかけたら形が綺麗に戻って満足。
小ジワも発生せず質感も損なわず洗濯に強い。耐久性があるので繰り返しお使い頂けると思います。